2月3日 節分

こんにちは。
あっという間に1月が終わり、もう2月です。
2月は日数が少ないのでまたあっという間に終わってしまいそうですね。

さて、今日は節分です。
節分とは各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことを言い、
「季節を分ける」ことをも意味しているそうです。
立春の前日が、暦の上で冬の最後の日が節分です。

昔から、季節の変わり目には鬼が現れる(災難がおこる)と考えられており、
邪気を追い払う為に、節分に豆撒きの行事が執り行われています。
一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(炒り大豆)を撒いて、
年齢の数だけ(もしくは1つ多く)豆を食べて体の中の厄除けを行います。
これにより、1年間病気をしないと言われています。

鬼を避けるため、神社などでも行われていますが、
日本には豆まきをしないでいい人達がいるそうです。
なんと「ワタナベ」姓の人は豆まきをする必要がないそうです!!

鬼がワタナベさんを怖がって近づかないので、
わざわざ追い払う必要性がないのです。
鬼がワタナベさんを怖がるようになった理由は
平安時代、渡辺綱らによる討伐隊が鬼退治したからだそうですよ。

この鬼退治伝説は関西圏の話ですが、豆まきをしないワタナベさんは東北地方などにも広く分布しているいるそうです。
また、地域によっては「渡辺」だけでなく、「渡部」、「渡邊」など別表記でも豆まきをする必要がないそうです。
なのでワタナベさんは「福は内」と言って豆をまけばいいそうです。
鬼退治しなくていいなんて…羨ましいですね。

明日からまた寒くなるそうです。
病気にならないように帰ったら早速豆まきして、
東北東の方角を向いて恵方巻き食べます。
ちなみに豆まきは夜に行った方がいいそうです。
皆さんもぜひ★

カテゴリー: Diary   パーマリンク

コメントは受け付けていません。